網ガラスのシリーズ

2~4mmのガラス棒を、熔かす・曲げる・溶着するの繰り返しで、下から上へ向かって編み上げる様に作っていきます。溶着箇所をしっかり熔かし付ければ、大きな作品を作る事も可能です。

2004連 W370mm×D350mm×H230mm

 

「脈道」

ガラス管と網目の構成で、植物の道管や人間の血管など、命の維持に不可欠な「道」と、そこから広がる可能性をイメージした作品です。

2015脈道①W220mm×D200mm×H300mm
2015脈道②W300mm×D230mm×H180mm
2015脈道③W350mm×D120mm×H150mm

「間」

大きめの網目を利用して、花を生けられる作りにしました。

2009間(花器)W150mm×D70mm×H200mm
2009間(香水瓶)W65mm×D65mm×H75mm
2008間(香水瓶)W75mm×D75mm×H80mm
2005間(花器)W220mm×D70mm×H300mm

「連」

細かくカーブさせた波模様のラインで構成しました。網目以外のバリエーションを試した作品です。

2008連② 正面(香水瓶)W70mm×D75mm×H160mm
2008連② 側面(香水瓶)W70mm×D75mm×H160mm
2008連① 正面(香水瓶)W130mm×D40mm×H95mm
2008連① 側面(香水瓶)W130mm×D40mm×H95mm
2004連(花器)直径120mm×H380mm (ギャルリーカンディード)