アサイド , フォーマット , ( 2 )

【inside】シリーズ 2012
これまでの四方八方に広がっていた突起を、内に向けてぎっしりと配置した【inside】シリーズ 。管の部分は一つの空洞となっていて、突起部は塊状のガラスです。ぎっしりと詰まった植物の種の様に、ここから始まる何かを予想させる...
【breathe】シリーズ 2010
ガラスを熱して柔らかくなったところへ息を入れて膨らます、これはガラス作りの基本です。バーナーワークでは、この場面が目の前10cm位の至近距離で繰り広げられるのです。まるで、何らかの生き物を興味深く目近で観察している感覚で...
京都文化博物館での開催『E-to-ten』参加
展示会
現代ガラス作家が一堂に会する【E-to-ten】 に森崎かおるが参加します。『「十人十色」ガラスの展覧会Vol.4―~京都秋色・2 』今回は秋の京都。そして京都文化博物館・別館ホール(旧日本銀行京都支店)での展示会です。...
ブランド価値を高めるロゴマークを制作する
Design
モノづくりの街・東京大田区の中小製造業の強力なネットワークは他にはない高精度で複合的な技術と開発力を持っています。 大田ブランド推進協議会は、「大田区の工業集積の強みやモノづくりに対する真摯な職人気質を継承し、未来に挑戦...
【植物の類】シリーズ 2010
植物の密集する構造にヒントを得て、ボトルのデザインに使用しました。細かい表現に向いているバーナーワークだからこそ実現出来た作品だと思います。ふっくらとしているが先端は尖っている、水分をたっぷり蓄えていそうな柔らかい突起の...
網ガラスのシリーズ
2~4mmのガラス棒を、熔かす・曲げる・溶着するの繰り返しで、下から上へ向かって編み上げる様に作っていきます。溶着箇所をしっかり熔かし付ければ、大きな作品を作る事も可能です。 「脈道」ガラス管と網目の構成で、植...
-シンプルの類-森﨑かおる・竹内紘三のカタチ
展示会
【-シンプルの類-森﨑かおる・竹内紘三のカタチ】昨日、無事搬入終えました。本日10時開店となります。アートサロンは玉川髙島屋本館の5階。南館から進んだ場合は一番左奥です。ボトルなどの新作も展示しています。是非、ご高覧くだ...
和装具 かんざしの制作
オススメ
お客様のご要望でかんざしを制作しました。ホウケイ酸ガラスで制作したかんざしは、文様もクリアに浮かび上がり、耐久性もあります。本日無事納品してきました。気に入って頂けて嬉しいです。これからこのような和装具も制作していきたい...
高さが自由に変えられる吊りタイプの大型の花器
Glass+
南青山FROM-1STビルの2F【グラスギャラリーカラニス】で本日より開催の「花とガラス」展。2009年に制作( Glass+ はガラス:森崎かおる、木部その他:森崎清光の共同制作)した花器を出品しています。自在鉤のよう...